アメリカが考えるシェアハウス

シェアハウスの説明をします。

様々な種類のシェアハウス

アパートのほかにDorm、Hallと呼ばれる寮があります。この場合、2人のシェアが多く、シャワー、トイレなどが部屋外、2人分のベッドが一つの部屋に押し込まれているような狭い空間で、シェアハウスという感じは少なくなります。アパートと比較するとかなり安く利用できるので、アメリカ留学で費用がかかりすぎる・・と考慮しこうした寮を選択される方も多いのですが、プライベートな空間が全くない、というイメージになるので、十分考える必要があります。

また寮によってはパーティなどが多いというところもありますし、非常に静かな寮もあります。静かにしっかりと勉強したいと思う方は静かな寮の方が絶対にいいでしょうし、海外の学生とコミュニケーションをとりたいという人は、パーティなどイベントが多い寮の方がいいかもしれません。寮によって暮らし方、イメージが全く違うということを考慮しておくべきです。

このほか、フラット、ソロリティと呼ばれる施設は、日本でいうシェアハウスと一番近い形態です。1つの家をみんなでシェアするという形になります。パーティなどが多く、女子だけが暮らすことができるソロリティはボランティアなどを行うことも多いです。

最後に、学校が管理する以外のアパートで、シェアハウスとして暮らすという選択肢もありますが、これはセキュリティが強固で安全な地域を選ぶ必要があるので、必ず現地に詳しい不動産会社で確認し、慎重に利用すべきです。

アパートを利用

アメリカの大学生は日本人学生のように一人暮らししているという人はほとんどいなくて、通常アパートでルームシェアしているか、フラットやソロリティと呼ばれるシェアハウスの暮らしです。2人から3人くらいで暮らすというのが当たり前です。

オンキャンパスと呼ばれるアパートでは、一般的2人、4人で済むことができる部屋があり、自分専用のベッドルームがあるタイプと、ベッドルームをシェアするタイプがあります。やはりベッドルームはプライベートルームとして一人がいいという方は、2Person 2Bedroomタイプを選択されるといいでしょう。

ベッドルームもシェアでいいから、安い方がいいということなら2Person 1Bedroomの方がリーズナブルです。最近はこうした学生がシェアハウスとして利用するアパートの種類、暮らし方も様々なタイプが登場しているので、自分がどのように暮らしたいかによって、暮らし方を選択できます。

またアメリカの大学は、秋学期と春学期、また夏休みによって料金が変わるので、その点も日本とは違うシステムです。ボードゲームなどができる共用ラウンジなど多目的ルームなどが付いているアパートはかなり月7万円くらいは擦るのでかなりかかると思っておく方がいいのかもしれません。

考え方の根本的違い

日本の場合、シェアハウスに対しての考え方の基本に、一人暮らしするのではなく、誰かと共に暮らすことでコミュニケーションをとり、毎日を楽しく豊かに暮らしたいという気持ちでシェアハウスを利用されることが多いです。

一人暮らしでさみしい思いをするよりも、例えば都会に上京し学校に行っても誰も知らない状況であっても、シェアハウスに帰宅すれば一緒に暮らす人がいて、いつでもお帰りと迎えてくれる、悩みなどを相談しあったり、時にご飯を一緒に作ってみんなで食べたり、そういう楽しいグループ的な暮らし方をしたいと思う方が少なくありません。

アメリカで海外の人とシェアハウスで暮らすというとき、シェアハウスを利用したいという理由が違うと考えておく方がいいでしょう。勿論中には、海外交流的なことを目的にシェアハウスを利用する外国人もいますが、その多くは、経済的に助かるからという理由が多いです。

日本はシェアハウスやルームシェアという考え方があまりなく、最近になってこうした暮らし方を希望される人が多くなってきていますが、元々アメリカなどの学生はルームシェアが当たり前です。そのため、コミュニケーションどうこうよりもリーズナブルな暮らしをするということが目的となっている事が多いのです。

シェアハウスという暮らし方

テレビ番組で一気に有名になったシェアハウス、大学生、社会人になって実家を離れて暮らすようになったら一人暮らしではなく大型シェアハウスがいいなと考える方も多いでしょう。

日本のシェアハウスは、一軒家を利用し、第三者が集まって暮らすという形態です。鍵付のプライベートルームがあり、リビングや浴室などは共用となります。エアコンなどの電化製品がそろっていて、家具なども備え付けてあることも多く、家賃が高い地域でもシェアハウスでは家賃をシェアすることができるのでリーズナブルに生活できるというメリットもあります。

また一人暮らしと比較すると防犯を強固にできるということも魅力です。自分がいなくても誰かが家に残っていることもありますし、泥棒に入ろうとしている側からすれば、いつ誰が帰宅するかをつかみにくく、狙わない家となるでしょう。

常に誰かいるという安心感がある一方、プライベートルームにいても何となく落ち着かないという人もいます。誰か帰宅したら一応顔をだしが方がいいのか、リビングに人が集まっているようなら自分もそこに行く方がいいのか、暮らしの中で気を使うことも何かと多いといいます。

こうしたシェアハウスですが、留学先でシェアハウスやルームシェアするという人も多いです。留学や就職などの関係で、アメリカでシェアハウスを考えるとき、アメリカの事情を理解しておくことが必要です。どのような暮らしになるのか、どのような形態になるのか、当サイトで知って頂けたら幸いです。