アメリカが考えるシェアハウス

シェアハウスの説明をします。

シェアハウスという暮らし方

テレビ番組で一気に有名になったシェアハウス、大学生、社会人になって実家を離れて暮らすようになったら一人暮らしではなく大型シェアハウスがいいなと考える方も多いでしょう。

日本のシェアハウスは、一軒家を利用し、第三者が集まって暮らすという形態です。鍵付のプライベートルームがあり、リビングや浴室などは共用となります。エアコンなどの電化製品がそろっていて、家具なども備え付けてあることも多く、家賃が高い地域でもシェアハウスでは家賃をシェアすることができるのでリーズナブルに生活できるというメリットもあります。

また一人暮らしと比較すると防犯を強固にできるということも魅力です。自分がいなくても誰かが家に残っていることもありますし、泥棒に入ろうとしている側からすれば、いつ誰が帰宅するかをつかみにくく、狙わない家となるでしょう。

常に誰かいるという安心感がある一方、プライベートルームにいても何となく落ち着かないという人もいます。誰か帰宅したら一応顔をだしが方がいいのか、リビングに人が集まっているようなら自分もそこに行く方がいいのか、暮らしの中で気を使うことも何かと多いといいます。

こうしたシェアハウスですが、留学先でシェアハウスやルームシェアするという人も多いです。留学や就職などの関係で、アメリカでシェアハウスを考えるとき、アメリカの事情を理解しておくことが必要です。どのような暮らしになるのか、どのような形態になるのか、当サイトで知って頂けたら幸いです。