アメリカが考えるシェアハウス

シェアハウスの説明をします。

考え方の根本的違い

日本の場合、シェアハウスに対しての考え方の基本に、一人暮らしするのではなく、誰かと共に暮らすことでコミュニケーションをとり、毎日を楽しく豊かに暮らしたいという気持ちでシェアハウスを利用されることが多いです。

一人暮らしでさみしい思いをするよりも、例えば都会に上京し学校に行っても誰も知らない状況であっても、シェアハウスに帰宅すれば一緒に暮らす人がいて、いつでもお帰りと迎えてくれる、悩みなどを相談しあったり、時にご飯を一緒に作ってみんなで食べたり、そういう楽しいグループ的な暮らし方をしたいと思う方が少なくありません。

アメリカで海外の人とシェアハウスで暮らすというとき、シェアハウスを利用したいという理由が違うと考えておく方がいいでしょう。勿論中には、海外交流的なことを目的にシェアハウスを利用する外国人もいますが、その多くは、経済的に助かるからという理由が多いです。

日本はシェアハウスやルームシェアという考え方があまりなく、最近になってこうした暮らし方を希望される人が多くなってきていますが、元々アメリカなどの学生はルームシェアが当たり前です。そのため、コミュニケーションどうこうよりもリーズナブルな暮らしをするということが目的となっている事が多いのです。